このページでお申込みの方限定! 本質的な株式投資のルールブックを無料プレゼント中!今からでも遅くない、”DIY投資”のコツ 自分でもできる10倍 株 運用 | 株 の 勉強 なら 複眼経済塾

「資産運用」と聞いて何をイメージしますか?

  • 投資で失敗するのが
    怖い…

    投資で失敗するのが怖い
  • 投資で儲かっても
    継続しない…

    投資で儲かっても継続しない…
  • 四季報を見てはいるけど、
    活用しきれていない…

    四季報を見てはいるけど、活用しきれていない…
  • 投資のルールが
    イマイチわからない…

    投資のルールがイマイチわからない…
  • 実践的な投資方法を
    学んでみたい!

    実践的な投資方法を学んでみたい!
  • 投資や資産運用の
    レベルアップをしたい!

    投資や資産運用のレベルアップをしたい!

そんな方のために、
eBook「株価を捨てて本質を見よ!自立した投資家は知っている10倍株の見つけ方」
その中身を一部ご紹介!

  • 投資はスポーツに似ている

    資はスポーツに似ている

    投資で成功している人は、才能がある特別な人だと誤解されていることがあります。勿論、天才的な方がいるのも事実です。ただ、そのような才能を持った人しか投資ができないと考えるのは早計でしょう。

    スポーツに喩えると分かりやすいかもしれません。プロしかテニスやゴルフができない訳ではありません。初心者でも十分スポーツを楽しむ事は可能ですし、アマチュアでも、かなりのレベルまで到達することは十分可能です。

    ただ、スポーツもそうですが、自己流だと、ある一定の水準以上に上手になることは難しいと思います。やはり、相応のコーチに習う事がとても重要で、特に基礎をしっかり学ぶ事が何よりも大切なことは言うまでもありません。

  • 自立した投資家は10倍株を見つけている

    価を追ってはいけない

    〜テンバガー(10倍株)とは〜
    「投資の神様」と呼ばれるピーター・リンチ氏は、フィデリティ社のファンドマネージャー時代であった1977年~1990年の13年間に、ニューヨークダウが約3倍にしかなっていなかったときに、彼の運用するファンドを約28倍にしています。 その彼が著した『株で勝つ』という名著の中では、価値が10倍になる株のことをウォール街では「テンバガー」と呼んでいることを紹介しています。 これは野球で、満塁ホームラン1打で4点入ることをフォーバガーと呼んでいたことを真似た言葉です。

    ただ、ここで重要なポイントは、何が10倍になるのか、という点です。あくまで企業価値が10倍になることが大切であり、株価の上昇はその結果に過ぎないのです。

    このeBookでは、株価を捨てて本質を見ることこそ、テンバガー発掘の実践型投資術の極意である、ということをご紹介していきます。

実践的な投資学習を行っている塾生の声

  • 他とは一線を画すホンモノ
    入塾して2年目のOLです。これまで、様々な投資セミナーに参加してきましたが、複眼経済塾は他とは全く違う雰囲気と内容です。複眼経済塾に来て、初めて自分で四季報を読み、自分で日経新聞を読むようになりました。そして、企業をここまで身近に感じるようになったのは、まったく新しい感覚でした。
    投資を通じて社会とつながっていることが、こんなに嬉しく気持ちの良い事だと学びました。これからも、投資した企業と共に自分も成長していきたいと思います。
    東京都在住 30代 女性
  • この明るさがすごい
    入塾して3年目です。複眼経済塾を一言であらわすと、明るい!。塾生同士の交流も盛んで、同じ価値観の仲間が大勢増えました。塾の内容は極めて真面目で、皆とても勉強熱心なメンバーばかりで、とても刺激を受けます。
    また、これまでは一人で孤独に投資をしていましたが、塾生のみんなと一緒に投資している感覚はとても嬉しく感じます。毎月の月例会は欠かさず参加しています。日々、自分のレベルが上がっていくことを実感しています。
    大阪府在住 40代 男性

eBookの内容

  • 序章:正しい行動をした者が正しい結果を享受できる投資はスポーツに似ている

    ・勝ちを意識すると負ける
    ・正しい行動、正しい選択、正しい判断が重要
    ・株価を追ってはいけない
    序章:正しい行動をした者が正しい結果を享受できる投資はスポーツに似ている
  • 第1章:テンバガー(10倍株)とは何か

    ・テンバガー(10倍株)とは
    ・テンバガーになることが期待できる成長銘柄を見つけ出す
    ・10銘柄中9銘柄が値下がりしても問題ない
    第1章:テンバガー(10倍株)とは何か
  • 第2章:小型の成長銘柄や業績回復銘柄を買う

    ・普段の生活の場に見つけるヒントがある
    ・行列で見つけたテンバガー
    ・そもそも応援したい企業かどうか
    第2章:小型の成長銘柄や業績回復銘柄を買う
  • 第3章:株価が悪くなった時が売り時ではない

    ・株価に気を取られてはいけない?
    ・企業価値の本質を見る方法
    ・長期保有が必ずしも善ではない
    ・売り時はエクイティ・ストーリーが崩れた時
    ・株価を見るな、会社を見よ
    第3章:株価が悪くなった時が売り時ではない
  • 第4章:会社四季報を使いこなす

    ・四季報ワークショップとは
    ・会社四季報の強みは何か
    ・会社四季報を読破する?
    第4章:会社四季報を使いこなす
  • 第5章:王道の株式投資

    ・王道の投資
    ・社会の公器と営利団体という両輪
    ・投資をするとポジティブになれる
    ・やはり意気投合できる仲間は大切
    ・自立した投資家になるために
    第5章:王道の株式投資

複眼経済塾とは?

複眼経済塾は実践重視の投資アカデミーです。
四季報読破、日経新聞切り抜き、指標ノート作成の3つを「投資の三種の神器」と称し、この使い方を伝授しながら、楽しく投資をしていく塾です!

本質を見る、投資家へのステップ

  • Step.
    1

    無料説明会

    まずは、無料説明会にご参加ください!

    会社四季報を、全号において端から端まですべて読み込む「四季報読破」という独自の分析手法ノウハウをお伝えいたします。

  • Step.
    2

    四季報・日経新聞ワークショップ

    はじめの一歩は、四季報・日経ワークショップから!

    四季報読破、日経切り抜き、指標ノート作成の「投資の三種の神器」を、この2つのワークを受ければできるようになります!
    塾生への第一歩は、この2つのワークショップをご受講頂く事から始まります。東京・大阪にて開催中です。塾生は半額で受講頂けますので、塾生登録されてからのご受講をお勧めします。

  • Step.
    3

    月例会

    ワークを受けたら、塾生限定の月例会に参加しよう。毎月1回開催!

    ワークショップを受けて投資の三種の神器の使い方をマスターしたら、毎月開催される月例会に参加しましょう。ワクワク意見交換会では、各塾生が四季報からピックアップした銘柄をプレゼンします。時事座談会では、3か月間の日経切り抜きと指標ノートをレビューします。また交流会では、塾長による四季報読破分析の結果を共有します。

  • Step.
    4

    週報

    週2回、メールで送られてくる週報をチェックしよう!

    相場は生き物です。座学だけではカバーできない要素を解説した週報が、週2回メールで塾生に送られます。1回は音声で、1回は文字で送られてきます。

  • Step.
    5

    ポートフォリオ実況

    Twitterによる、複眼ポートフォリオ実況中継をフォローしよう!

    塾長の渡部と、塾頭のエミンが、各々実際にファンドを運用しています。この内容は塾生限定公開のTwitterで、公開されています。実際に先生がどのようなバランスで、どのようなタイミングで運用を行っているのか、をタイムリーにフォローして学びましょう。

  • Step.
    6

    IRミーティング

    IRミーティングで、上場企業の社長と直接話してみよう!

    3-4か月に1度のペースで、実際に上場成長企業の社長をお招きして、IRミーティングを開いています。社長のお話しを直接聞き、成長企業の実態を感覚的に学びましょう!

  • Step.
    7

    ポーカーワークショップ

    人気のポーカーワークショップで、自分のクセを見極めよう!

    ジャパンオープン優勝のエミン塾頭が、直々にプロの技を教えてくれます。ポーカーは、実に自分の本性が現れるゲームで、投資の実践にも極めて役立ちます。ポーカーを通じて自分のクセを自覚しよう!

  • Step.
    8

    動画講義300本

    見逃した講義も動画でチェック!

    動画講義はいつでも塾生は見放題!
    オンラインで番組を見る事ができるので、東京・大阪在住でなくても、様々な情報をいち早くゲットできます!

  • Step.
    9

    月報コラム

    毎月郵送される月報のコラムを読もう!

    月1回、郵送で月報(冊子)がお手元に送られます。各コラムや企業訪問記等は、月報でチェックしてみてください!

講師陣のご紹介

渡部 清二(代表取締役・塾長)
渡部 清二 (代表取締役・塾長)

波大学第三学群基礎工学類変換工学卒業。1990年、野村證券株式会社入社 同銀座支店営業課配属。その後、銀座支店、長崎支店、本店で10年間中堅企業および個人投資家向け資産コンサルティングに従事。
2000年、機関投資家営業部配属。その後12年間、国内外のプロの機関投資家向け日本株セールスに従事。2013年、野村證券退社。2014年、四季リサーチ株式会社(投資助言業)設立、代表取締役に就任。国内外の機関投資家への投資情報を提供。2016年、複眼経済塾株式会社設立、代表取締役・塾長就任。

(資格・所属団体)
公益社団法人日本証券アナリスト協会検定会員、日本ファイナンシャルプランナーズ協会認定AFP、国際テクニカルアナリスト連盟認定テクニカルアナリスト、景気循環学会会員、神社検定2級、東証ペンクラブ会員、等。

エミン・ユルマズ(取締役・塾頭)
エミン・ユルマズ(取締役・塾頭)

1996年、国際生物学オリンピック優勝。2004年、東京大学工学部化学生命工学科卒業。2006年、東京大学新領域創成学科修士課程修了。2006年、野村證券株式会社入社。企業情報部に配属。M&Aアドバイザリー業務に従事。2009年、同社・機関投資家営業部配属。
2010年、同社・外国株式営業部配属。2014年、野村證券退社。2015年、四季リサーチ株式会社入社。2016年、複眼経済塾、取締役・塾頭就任。

(資格・所属団体)
トルコ国立報道機関アナトリアンエージェンシー・専属アナリスト、日本語能力試験一種。

瀧澤 信(取締役)
瀧澤 信(取締役)

成蹊大学経済学部経済学科卒。明治生命保険相互会社(現・明治安田生命保険相互会社)、株式会社グッドバンカー(日興証券と日本初のエコファンドを開発した社会的責顧問会社)、野村證券株式会社、野村プリンシパル・ファイナンス株式会社を経て2006年株式会社サステイナブル・インベスター設立、代表取締役就任。

2016年、複眼経済塾・取締役就任。琉球大学・金融人材育成講座「環境と金融」講師(平成18年度)。京都大学大学院経済学研究科共同研究・自然資本経営論講座ディレクター兼研究員。映画「うみやまあひだ」プロデューサー。神楽サロン・ディレクター。

無料eBookお申込みはこちら

※お申し込みすることで、セミナーやお得な情報をお届けするメール会員へのご登録となります。

お知らせメールの登録内容変更および配信停止はこちら